カテゴリー

無料ブログはココログ

« 一般的な商品とは違う医薬品の特性 | トップページ | 世界と日本における医薬品の市場規模 »

医療用医薬品とOTC医薬品に分けられる医薬品の分類

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

本書、第1章「6つのカテゴリーでおぼえる医薬品業界の概要」では、
医療用医薬品とOTC医薬品に分けられる医薬品の分類」と題して、
医薬品業界の中で、すべての人に扱われる「医薬品」の分類について記述しています。

医薬品は、大きく2つに分けられます。

◆「医療用医薬品」
医療用医薬品は、医師等によって患者に直接使用されたり、医師などの処方せん、
もしくは指示によって使用されることを目的として供給される医薬品をいいます。

◆「OTC医薬品」
ドラッグストアなどで、カウンター越しに対面で購入することから、
OTC(Over The Counter)医薬品と呼ばれることが一般的になっています。
一般用医薬品とも呼ばれ、現在、OTC医薬品はリスク区分に応じて3つに分類されました。

« 一般的な商品とは違う医薬品の特性 | トップページ | 世界と日本における医薬品の市場規模 »

「01.はじめに」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/32947104

この記事へのトラックバック一覧です: 医療用医薬品とOTC医薬品に分けられる医薬品の分類:

« 一般的な商品とは違う医薬品の特性 | トップページ | 世界と日本における医薬品の市場規模 »