カテゴリー

無料ブログはココログ

« 医療用医薬品とOTC医薬品に分けられる医薬品の分類 | トップページ | アマゾン(Amazon)にレビューが追加されました »

世界と日本における医薬品の市場規模

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

本書、第1章「6つのカテゴリーでおぼえる医薬品業界の概要」では、
世界と日本における医薬品の市場規模」と題して、
医薬品業界の市場規模について記述しています。

研究開発志向型の製薬企業69社(2009年4月現在)が加盟する
日本製薬工業協会」(製薬協:http://www.jpma.or.jp/)では、統計資料を公表しています。

◆世界における日本市場
1997年から2007年までの10年間で、
世界の医薬品市場は2550億ドルから6674億ドルと、およそ2.6倍もの規模に成長しました。
日本は北米に次ぐ第2位の市場を維持していますが、シェア(%)については、
1997年の16.4%から、2007年には8.8%と、約半分に縮小しています。

◆日本の国内医薬品市場
2005年度において、海外販売分も含めた医療用医薬品の国内売上高は8兆2,294億円でした。
そのうち、6兆6,108億円が日本国内における売上高です
最近のデータでは、国内医薬品市場は7兆円から8兆円の間を推移しています。

« 医療用医薬品とOTC医薬品に分けられる医薬品の分類 | トップページ | アマゾン(Amazon)にレビューが追加されました »

「01.はじめに」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/32947091

この記事へのトラックバック一覧です: 世界と日本における医薬品の市場規模:

« 医療用医薬品とOTC医薬品に分けられる医薬品の分類 | トップページ | アマゾン(Amazon)にレビューが追加されました »