カテゴリー

無料ブログはココログ

« 平成22年度 薬価基準改定について | トップページ | 医薬品業界を楽しむ »

「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」について

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

【更新情報】

本書、第8章「まだまだ変化するこれからの医薬品業界」では、
「新薬の開発費を円滑に回収するための薬価維持特例」と題して、
日本における、薬価基準制度の新しい算定方式をわかりやすく紹介しています。

本書の執筆時においては、「薬価維持特例」と呼ばれておりましたが、
正式に「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」となりました。

加算の条件は、次のとおりです。
 ①薬価収載後15 年以内で、かつ後発品が収載されていないこと。
 ②市場実勢価格と薬価との乖離が、薬価収載されている全医薬品の平均を超えないこと。
 ③再算定対象品でないこと。

一般的には、「新薬創出加算」と呼ばれ、
製薬企業にとっては新薬の研究開発費の源になります。

※参考記事
<薬事日報> 2010年3月5日(金)
【厚労省】改定薬価を告示‐624品目に新薬創出加算

<薬事日報> 2010年3月8日(月)
新薬創出加算は89社‐外資系企業が上位占める

« 平成22年度 薬価基準改定について | トップページ | 医薬品業界を楽しむ »

08,医薬品業界が変わる」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/33722776

この記事へのトラックバック一覧です: 「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」について:

» 【厚労省】改定薬価を告示‐624品目に新薬創出加算 [薬事日報ウェブサイト]
 厚生労働省は、新たな薬価基準を5日に告示。4月1日から実施する。告示数は1万5455品目で、このうち624品目が新薬創出・適応外薬解消等加算に該当し、303品目が薬... [続きを読む]

« 平成22年度 薬価基準改定について | トップページ | 医薬品業界を楽しむ »