カテゴリー

無料ブログはココログ

« 平成22年度 診療報酬改定について | トップページ | 「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」について »

平成22年度 薬価基準改定について

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

【更新情報】

本書『 よくわかる医薬品業界 』、第7章「医薬品へ対価を支払う仕組み」では、
「薬価基準制度で医薬品の価格は決まっている」と題して、
日本における、医薬品価格の仕組みをわかりやすく紹介しています。

薬価改定は、原則2年に一度実施されており、
今回の薬価改定は、製薬企業にとって影響の大きなものとなりました。

<薬事日報> 2010年3月10日(水)
【薬価改定】国内製薬各社に厳しく‐軒並み平均超える引下げ率
---引用始---
4月1日実施の薬価改定を受け、本紙が主な国内製薬企業の影響を調べたところ、大手ではエーザイを除く各社が業界平均を上回る6~7%台の引き下げを受けた。

(中略)

準大手・中堅でも5%台~約10%の引き下げと、各社で大きな差が見られる結果となった。
---引用終---

「長期収載品」の比重の高い製薬企業や、
「市場拡大再算定」を受けた製品を持つ製薬企業に対する影響は大きく、
「新薬創出加算」の恩恵を受けた製品の多い製薬企業は、
比較すると影響は小さいだろうと言われています。

※参考資料
<厚生労働省> 平成22年3月5日(金)
平成22年度診療報酬改定について
【第2 改定の概要】 → 【4 薬価基準改定について(平成22年3月5日)】

« 平成22年度 診療報酬改定について | トップページ | 「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」について »

07.対価を払う」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/33385575

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年度 薬価基準改定について:

» 【薬価改定】国内製薬各社に厳しく‐軒並み平均超える引下げ率 [薬事日報ウェブサイト]
新薬創出加算の適用が分かれ目  4月1日実施の薬価改定を受け、本紙が主な国内製薬企業の影響を調べたところ、大手ではエーザイを除く各社が業界平均を上回る6~7%台の引き下... [続きを読む]

« 平成22年度 診療報酬改定について | トップページ | 「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」について »