カテゴリー

無料ブログはココログ

« 薬の町と薬の神様~道修町と神農さん | トップページ | 医薬品のことを楽しく学べるサイト「くすり研究所」 »

薬剤師にもたらされた空前の売り手市場

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

本書、第2章「薬剤師の4つの働きかたと薬科系大学」では、
「薬剤師にもたらされた空前の売り手市場」と題して、
薬剤師を取り巻く環境変化について記述しています。

2012年までの2年間は、薬学教育が4年制から6年制への移行期で、
「薬剤師空白の2年」と呼ばれ、売り手市場で引く手あまたの状況です。

もしかしたら、今を転職の好機と考えている薬剤師も多いかもしれません。

周囲を見渡すと薬剤師は、不動の信念があって一つの職場で頑張っている人や、
ビジョンを持ってスキルアップのために職場を変える人も多くいらっしゃいます。

その反対に、国家資格の強みを生かし、肌に合わないからと転々と職場を変える人もいます。
履歴書がいっぱいになるほど職歴があるにもかかわらず、
スキルアップできなかったのか、身動きが取れなくなっている人も多く見かけます。

この大きな差は何でしょうか?

これから就職活動される薬学生には、最初の職場選択は、大変重要だと思います。
社会への第一歩、最初の職場で得た経験は、その後の人生においての基礎となります。

できれば、「いばらの道」を選んでいただきたい。

自分にとって、厳しい道こそ「成長」する近道であると思います。
「成長」とは、言い換えるなら、過去の自分の枠を壊し、新しい枠を創ることです。

現状で満足してしまうと、「成長」が止まってしまいます。
自分の可能性を止めてしまうのは、とてももったいないことです。

「~が苦手だから・・・」とか、「~が得意だから・・・」と、
今の自分に出来ることの延長線で、最初の職場を選ばないほうがいいと思います。
環境によっても、成長するものですから、苦手も得意も変化していくものです。

『石の上にも三年』

転職は1つの選択肢であり、現状のまま続けることも大きな選択肢です。

« 薬の町と薬の神様~道修町と神農さん | トップページ | 医薬品のことを楽しく学べるサイト「くすり研究所」 »

02.薬を学ぶ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/34498337

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤師にもたらされた空前の売り手市場:

« 薬の町と薬の神様~道修町と神農さん | トップページ | 医薬品のことを楽しく学べるサイト「くすり研究所」 »