カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「イレッサ」で考える薬害問題 | トップページ | 医薬品の研究開発費や寄付金の情報公開 »

OTC医薬品3つの分類と「ネット販売」との関係

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

【更新情報】

本書、第4章「医薬品を売る製薬企業やドラッグストア」では、
「薬事法リスク分類によってOTC医薬品は3つに分類された」と題して、
インターネットで買える医薬品について記述しています。

2009年(平成21年)の薬事法改正によって、
OTC医薬品はリスク区分に応じて、3つに分類されました。

◆第1類医薬品(とくにリスクが高いもの)
医療用医薬品からスイッチOTCとして発売されたり、
OTC医薬品としての経験が少なかったり、
安全性上とくに注意を要する成分を含むもの

◆第2類医薬品(リスクが比較的高いもの)
まれに、入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの

◆第3類医薬品(リスクが比較的低いもの)
日常生活に支障をきたすほどではないが、
身体の変調・不調が起こるおそれのある成分を含むもの

この薬事法改正により、
インターネット販売を含む通信販売が可能な一般用医薬品は、
第3類医薬品に限定されました。

いままで、インターネットによるOTC医薬品の販売は、
制度上規定がなかったために、とくに制限なく購入できました。
利便性が損なわれることにもなったことから、継続して検討されてきました。

<毎日新聞> 2011年1月27日(木)
行政刷新会議:規制・制度、250項目の見直しを提言 薬ネット販売拡大

販売履歴の管理や購入量の制限などをしたうえで、
対象医薬品を拡大する規制緩和が盛り込まれたようです。

« 「イレッサ」で考える薬害問題 | トップページ | 医薬品の研究開発費や寄付金の情報公開 »

04.薬を売る」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/38627016

この記事へのトラックバック一覧です: OTC医薬品3つの分類と「ネット販売」との関係:

« 「イレッサ」で考える薬害問題 | トップページ | 医薬品の研究開発費や寄付金の情報公開 »