カテゴリー

無料ブログはココログ

« 『よくわかる医薬品業界』の原点を振り返る | トップページ | MRのキャリアパス(業界研究-製薬企業) »

就職活動には、今も昔も『OB訪問』が効果的な手段

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

夏休みが終わると、就職活動本番といったところでしょうか。

先日、ブンナビ薬学トークセッションでつながった大学の後輩たち4名と、
就職活動について語らう機会を設けていただけました。

幸いにも、著書の読者ということもあり、
みんな真剣に将来を考えている素晴らしい薬学生たちでした。
お礼のメールでは、大学卒業後にどうしたらいいかイメージをできていなかった中で、
「理想と現実」や「メリットとデメリット」など一つの意見としてとらえて、
何かのきっかけになったようです。

一般的に薬学生は、売り手市場(学生優位)ということもあり、
就職活動に対して積極的ではないような気がします。

しかし薬学生に限らず、自分の将来は今の延長線上で考えることのできない未来です。
だからといって、「わからないから、どこでもいい」ももったいない選択です。
そこで、自分の将来を考える上で、今も昔も変わらない有効な手段があります。

それは、『OB訪問』『OG訪問』です。

いわゆる、卒業生にインタビューをしたり、オフラインで語らう場を設けることです。

そこには、先輩としての経験も、企業の社風なども聞くことができます。

企業説明会や就職活動イベントで発信される情報は、通常きれいな情報が多いでしょう。
また、ウェブ検索してヒットする情報なども、あたりさわりのない情報だったり、
行間のニュアンスがわかりづらいこともあります。

では、どうやってOBやOGにアクセスしたらいいのでしょう・・・

昔ならば、卒業生名簿などがありましたが、
今は個人情報保護法の影響から作成していなかったり、
作成していても掲載を拒否できたりして困難な時代になっています。

大学側で、
就職課やキャリアセンターで交流する場を用意されているのであれば、
これを有効に活用するのが一番の近道です。

また、最近ではFacebookやmixiなどのSNSも有効な手段だと思います。

確かに見ず知らずの人にメッセージを送るのは気が重いということも聞きますが、
OB訪問される側の一人として、歓迎する意見もあります。

今までリクルーターとしての経験から、3つの考え方は以下のとおりです。

自らの判断で公表している
SNSで個人情報を公表している理由は、
仕事上においても接点を持ったときの化学反応や影響を期待しているものです。
大学の卒業生としてのつながりも、何かを生み出すきっかけが期待できます。

近い年代より一つ上の年代
一般的に、入社して年数も浅く年が近いと話が合う部分も多いかもしれません。
しかし、ある程度経験を積み、
業務の中で喜怒哀楽を味わっている一つ上の年代からの話には、
経験に裏づけされた話が聞けます。

複数につながりを持つ
やはり、先輩一人だけの意見ですべてを判断するのは困難です。
複数の情報源をもち、その情報を自分の判断で取捨選択できることで、
入社後の理想と現実のギャップに振り回されることが少なくなります。

ぜひ、就職活動という人生の岐路に、最適な選択をしていただきたいと思います。

« 『よくわかる医薬品業界』の原点を振り返る | トップページ | MRのキャリアパス(業界研究-製薬企業) »

「01.はじめに」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/41383862

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動には、今も昔も『OB訪問』が効果的な手段:

« 『よくわかる医薬品業界』の原点を振り返る | トップページ | MRのキャリアパス(業界研究-製薬企業) »