カテゴリー

無料ブログはココログ

« 就職活動には、今も昔も『OB訪問』が効果的な手段 | トップページ | 「就職活動」と「就社活動」 »

MRのキャリアパス(業界研究-製薬企業)

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

本書、第4章「医薬品を売る製薬企業やドラッグストア」では、
MR(医薬情報担当者)のキャリアパスについて紹介しています。

MRは、新入社員として担当施設を持つようになってから、
数年単位でエリア担当、病院・医院担当、大学病院担当、
疾患領域担当など、所属する会社によってさまざまですが、
ジョブローテーションを経るのが一般的です。

また、製薬企業内にはMRを経験してこそ進める道がありますので、
キャリアパスをまとめてみました。

<特約店担当、卸担当>
卸をまとめ、通期や月次の販売促進策の企画、
代金回収業務などを行う。

<市場マーケティング部門>
病院、医院、広域特約店、調剤薬局など、
市場別に施策の企画立案を行う。

<プロダクト部門>
1つの製品、もしくは疾患領域担当。
新規参入のための戦略を企画。
既存製品であれば、処方拡大戦略のための
新しい情報をMRへ発信する。

<グローバルマーケティング部門>
グローバル市場拡大のための、企画立案を行う。
本部のマーケティングを経験してからのステップアップが多い。

<学術・調査部門>
MRからの製品に関する問い合わせや、
市販後調査などを推進する。

<教育研修部門>
新入社員や若手・中堅・管理職など、
階層別の、教育・研修などを行う。

<開発部門>
新製品の臨床開発や既存製品の効能追加など、
担当医と適正な治験を推進する。

<営業システム部門>
MRを支援するための、営業システムの
開発、企画などを行う。

将来、どんな仕事をしたいのか、どんな自分になりたいのかをイメージしながらの、
業界研究のお役に立てれば幸いです。

« 就職活動には、今も昔も『OB訪問』が効果的な手段 | トップページ | 「就職活動」と「就社活動」 »

04.薬を売る」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/42189886

この記事へのトラックバック一覧です: MRのキャリアパス(業界研究-製薬企業):

« 就職活動には、今も昔も『OB訪問』が効果的な手段 | トップページ | 「就職活動」と「就社活動」 »