カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「就職活動」と「就社活動」 | トップページ | 『いまさら聞けない医薬品業界』ココヤク連載スタート »

薬学生の就職活動 傾向と対策

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

先日、ある薬科大学の企業フォーラムに行ってまいりました。

学生と話してみて、今も昔も変わらないのは、
『薬剤師≒病院薬剤師』と考えているイメージが多いことです。

もちろん正しい部分もありますが、本書「よくわかる医薬品業界
第2章「薬剤師の4つの働きかたと薬科系大学」p.69で、
10年間における薬剤師の勤務先の変化をご覧いただきますと、
病院薬剤師は18.8%にまで減っています。(平成20年厚生労働省発表データより)

医薬分業にともない、薬局の従事者は増加傾向にあり50.7%、
医薬品関係企業は減少傾向にあり17.8%です。

過去の記事(『薬剤師の「理想」と「現実」』)にも少し書きましたが、
就職活動時に思い描いていたイメージと、
実際に働いて感じるイメージとのギャップはあるようです。

やはり、現実を理解した上で自らの選択肢を進んで欲しいと思います。

薬学生の就職活動の傾向として、学生側が有利な売り手市場です。
『薬剤師にもたらされた空前の売り手市場』

せっかくの機会ですから、企業側が提示する耳障りのいい情報に振り回されることなく、
5年、10年後にこうありたいという自分の姿を描き、その姿に近づけるには、
『 今、何をしたらいいのか 』 と自分に問い続けてはいかがでしょうか。

結果的に、自分の苦手を克服する必要があるかもしれませんし、「学び続ける姿勢」と
「変化を受け入れて行動する姿勢」を持ち続ける必要もあるかもしれません。

お会いする学生のみなさんにお話しするのは、
私自身、薬剤師として勤務した経験は、たった6ヶ月しかありませんし、
就職活動時、描いてた10年後と今の表面的な形は、かけ離れたものとなっています。
未来を予測するのは難しいです。

しかし、人生の分岐点では将来のイメージを強く描き、
その時点での最善の選択をしたおかげで今があると考えています。

表面的な形ではなく、本質での就職活動時に描いていた未来には、
近づいていると断言できますし、これからも面白い仕事ができそうだと感じています。

« 「就職活動」と「就社活動」 | トップページ | 『いまさら聞けない医薬品業界』ココヤク連載スタート »

02.薬を学ぶ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/41518063

この記事へのトラックバック一覧です: 薬学生の就職活動 傾向と対策:

« 「就職活動」と「就社活動」 | トップページ | 『いまさら聞けない医薬品業界』ココヤク連載スタート »