カテゴリー

無料ブログはココログ

« MRとのかかわり【1】どんなことをしているの? | トップページ | 難病患者としての経験から »

MRとのかかわり【2】お互いに補完しあえる関係へ

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

『いまさら聞けない医薬品業界』
(1)薬剤師を取り巻く環境
6.MRとのかかわり
【2】お互いに補完しあえる関係へ

■せっかくならWin&Winの関係を築きたい

日ごろ訪問される製薬企業MRとは、どのようにお付き合いしているでしょうか。

今までのMR活動と薬剤師の関係はそれほど活発なものではなく、包装変更や添付文書の改訂があったからとか、製品の説明会をお願いしたからなど、どちらかというと消極的で受身なスタイルだったと思います。

やはり、MRの働く喜びは新製品の採用や処方増量で実績が上がることが主なものですから、処方権を持つ医師への訪問は欠かさないものです。調剤権を持つとはいえ薬剤師へは、製薬企業としてもどのように情報提供して、薬物治療のパートナーとして関係を築いたらいいのか模索しているところです。

そこで今回は、製薬企業のプロモーション活動の変化と薬剤師の持つ調剤権に焦点をあて、薬剤師側にとっても、MR側にとっても、お互いに補完しあえる関係であることを紹介します。せっかくなら、お互いに上手く利用して日ごろの仕事に活かして欲しいと思います。

■これからMRの薬局訪問が増えます

今、製薬企業にとって大きな転換期を迎えています。まず、2010年問題がありました。

新薬開発パイプラインの枯渇やブロックバスター製品の特許満了を迎えることで、製薬企業にとっては大きな谷間にあったのは、聞いたことがあるかと思います。

もう一つ、2012年4月より製薬企業が加盟している日本製薬工業協会(製薬協)では、医療施設への研究開発費など金銭的支援を公開する「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」の施行と、公正取引協議会が策定した「接待などの自主規制」があり、製薬企業のプロモーション活動に大きな変更がありました。・・・

つづきは、ココヤクへ。

『いまさら聞けない医薬品業界』
(1)薬剤師を取り巻く環境
6.MRとのかかわり
【2】お互いに補完しあえる関係へ

« MRとのかかわり【1】どんなことをしているの? | トップページ | 難病患者としての経験から »

06.薬を選ぶ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/45983224

この記事へのトラックバック一覧です: MRとのかかわり【2】お互いに補完しあえる関係へ:

« MRとのかかわり【1】どんなことをしているの? | トップページ | 難病患者としての経験から »