カテゴリー

無料ブログはココログ

« 理想と現実のギャップを生む要因 | トップページ | 薬剤師に求められていること 1.節約 »

自分の10年後を考えてみる

最新〈業界の常識〉よくわかる医薬品業界 (最新 業界の常識)

『いまさら聞けない医薬品業界』
(2)薬剤師の働き方
9.自分の10年後を考えてみる

■理想の職場を追い求めて

みなさんは、この先どのようにありたいと将来を考えているのでしょうか?

将来性のある企業や組織に入って、雰囲気も自分に合っていて居心地がよく、自分の思い通りに仕事もできて、何不自由なく定年まで勤められたら、最高の人生が待っているのかもしれません。

しかし、医薬品業界に限ったことではありませんが、業界を取り巻く環境は刻一刻と変化しています。入った時点では業績良くても、ライバルの台頭でシェアが逆転されることもありますし、期待されていた事業がうまくいかなかったり、制度が変わって、今までのやり方が通用しなくなったり・・・

逆に、入った時点は、あまり業績良くなくても画期的な事業展開ができたり、制度が変わるのを見込んで新しいやり方を導入して成功したり、また、現段階で存在していない企業が、10年後には輝きを放っているかもしれません。

「Going Concern(ゴーイング コンサーン)」

企業としての前提は、10年や20年ではなく無期限に事業を継続することです。変化の速い時代は、企業を経営する側にとって事業の継続はおろか、右肩上がりの成長を続けることは至難の業です。ましてや素人が、就職&転職活動という短時間で優良な企業を見極めるのは困難でしょう。

■就職活動?就社活動?

私も含めて就職活動とかいいながら、ついつい「宝探し」に時間をかけていたようです。そもそも「就職&転職活動」とかいいながら、いい会社探しをする「就社&転社活動」になっているのではないでしょうか。

「職業に就くこと」
この医薬品業界にとっては、医薬品というモノや情報をどのように扱う仕事をするのかということです。拙著「よくわかる医薬品業界」では、6つのカテゴリーに分けています。

「創る」・「作る」・「売る」・「運ぶ」・「選ぶ」・「教える」・・・

つづきは、ココヤクへ。

『いまさら聞けない医薬品業界』
(2)薬剤師の働き方
9.自分の10年後を考えてみる

« 理想と現実のギャップを生む要因 | トップページ | 薬剤師に求められていること 1.節約 »

02.薬を学ぶ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260076/46823104

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の10年後を考えてみる:

« 理想と現実のギャップを生む要因 | トップページ | 薬剤師に求められていること 1.節約 »